緑流生活読本
by midori-ryu
関連リンク
ブログパーツ
カテゴリ
全体
緑流生活
自然栽培野菜づくり
環境学習教室
くくのち林間學校
にぎわい
まちなみ
地球環境
自然
以前の記事
2010年 08月
2010年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
ほのぼの
f0107020_19261445.jpg

 
国営木曽三川公園という国営公園があります。日本で最大の国営公園なのです。国営公園という立川市にある国営昭和公園が有名なのですが、昭和記念公園の計画面積は180.1ha、供用面積148.7haに対して、木曽三川公園は計画面積9,269ha、供用面積213.9haで規模が比べ物にならないぐらい大きいのです。利用者数も昭和記念公園約254万人(平成16年)に対して木曽三川公園の利用者は679万人(平成13年)である。

これはなぜかと言うと、木曽三川公園は長良川、木曽川、揖斐川の木曽三川沿い約107kmに渡って整備がされているのです。すなわち、大規模な公園が木曽三川で数珠つなぎになっているのです。

さて、写真は木曽三川公園のなかの「138タワーパーク」で見つけたものです。「138」は「いちのみや」と読みます。位置する一宮市のにちなんで138mの展望タワーがシンボルとなった公園なのです。毎年GW中はリバーサイドフェスティバルと称したイベントが開催されています。最近は環境をテーマにしたイベントが多く行われており、多くの人たちが集まってきます。「138タワーパーク」の計画面積は2,471haなのですが、供用されているのはまだ17.5haとうモンスター級の河川公園です。リバーサイドフェスティバルでは未供用地が全て駐車場になるので、凄まじい景観が生まれます。

公共交通でのアクセスが弱いのが難点なのですが、それはとりあえずおいておく事にして、GW中に行われる面白い慣習があるのです。その年に小学校に入学した一宮市の一年生全員に樹木の苗木引換券が渡されるのです。そして、その券をリバーサイドフェスティバルに持ち込むと、好きな苗木を受け取る事が出来るのです。一宮市で小学校に入学した人たちはこの公園を記憶に刻む事でしょう。

最初の写真に戻りましょう。このようなテラコッタで作った人形などがこっそりと潜んでいるのです。なんか、妖精のようですよね。こういった遊び心がある公園が増えてきたように思います。
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-03 21:54 | 緑流生活
<< アルミ缶コンロで炊飯体験! 空き缶バーナー実験 >>