緑流生活読本
by midori-ryu
関連リンク
ブログパーツ
カテゴリ
全体
緑流生活
自然栽培野菜づくり
環境学習教室
くくのち林間學校
にぎわい
まちなみ
地球環境
自然
以前の記事
2010年 08月
2010年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
反毛 -はんもう-
今日、反毛(はんもう)という言葉を知りました。
反毛とは毛織物や毛糸のくずをほぐして繊維とすること。または、その繊維の事を言います。例えば、ウールのセーターなどが小さくなったり古くなったりした際に、この反毛によって毛糸が再生され、編めばまた新しいセーターに戻るわけです。もちろん、その際に色の組み合わせなども変えることができるので、全く違ったセーターになります。

衣料品って、古着的にリサイクルするだけではなく、ウールのセーターからウールのセーターにリサイクルなんて事ができるとは全く頭になかったです。それが、繊維の街一宮だと、割とこの技術を持った工場が多いそうなのです。

しかし、ここで問題が。セーターはオールウールでないとダメなんだそうです。他のものが混じると反毛ができないそうです。もちろん、化学や技術で対応を考える事はできるそうですが、それだと、余計なエネルギーがかかったりするわけですから、悩ましい判断を迫られる事になります。

ローカルな産業技術を使って環境問題を解決する・・・なにかちょっと良い光が見えたような気がしました。
[PR]
by midori-ryu | 2006-07-19 23:32 | 緑流生活
<< 段ボールでドームを作りました! 私の中の緑流 >>