緑流生活読本
by midori-ryu
関連リンク
ブログパーツ
カテゴリ
全体
緑流生活
自然栽培野菜づくり
環境学習教室
くくのち林間學校
にぎわい
まちなみ
地球環境
自然
以前の記事
2010年 08月
2010年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
カテゴリ:緑流生活( 64 )
「緑流生活」ポストカード
愛知県弥富市鍋田町に「八穂クリーンセンター」というゴミ焼却場があります。海部郡8市町村が協同で運営しています。最近のゴミ焼却場はそこで発生する熱を使ったエネルギー供給拠点になったりしているのですが、すっかり我々の生活で定着した資源ごみが集まってくる場所でもあるのです。
資源ゴミを分別するところまでは意識があっても、その先はどうなっているのかと言うのは以外と知らない人が多いですよね。そこで、八穂クリーンセンターではより多くの市民の人たちに知ってもらおうと見学を受け入れたりしていたのですが、基本的には小中学校の課外学習が主体でした。そこで、この4月から第2、第4日曜日の午前中に環境学習教室を開催することになったのです。資源ゴミを使った工作やワークショップが主体となっています。

この環境学習教室は地域が子供たちを育てるプログラムと言う事で「緑流生活」と連携する事になりました。3回この教室に参加すると「緑流生活」オリジナルポストカードがもらえるというものです。そして、このカードを大切な家族・知人・友人に近況を知らせる手紙を出していただこうという事です。

八穂クリーンセンターのホームページ
http://www.atkankyo.or.jp/index.shtml

[PR]
by midori-ryu | 2006-04-07 11:14 | 緑流生活
野菜のある生活
豊橋在住の友人から聞いた話ですが・・・
この地区にはかなりの数の喫茶店が点在しており、モーニングの豪華さは“ランチ”と見間違うほどの迫力があるわけです。東京のメディアなどは名古屋の喫茶店のモーニングが・・・と紹介するようですが、私の経験からしても豊橋及び東三河の喫茶店のモーニングの豪華さは群を抜いていると思います。

豊橋でモーニングを注文すると、一コーヒー(又は紅茶)にトースト、ゆで卵、サラダそしてなぜかオレンジジュースやヨーグルトが付いてくるんですよね。しかし、友人が言うにはこのサラダに文句をつける高齢者の方が多いそうだ。何が文句があるかというと、どうも普段野菜(特にキャベツ)などは自分の畑で作っているので、常に新鮮な野菜を食べているそうだ。それだけに、自分の家よりも質の落ちる野菜には少々不満が高まるらしいのです。

そういえば、以前福井県に住む私の遠い甥っ子が大学受験をするというのでしばらく面倒を見たことがあったのです。その際に、その甥っ子の実家からお米を送ったという連絡があったのですが、そのときは「お世話になるので・・・」送ってくれたのかな?ぐらいで考えていたのです。甥っ子が来た初日は我が家の普段のご飯を出したのですが、なぜか全く食べないのです。それで、甥っ子の母親に「食が細い?」って確認したところ、「送ったお米を使ってくれたか?」という返事。なんと、その甥っ子は実家が農家をやっているので、自分の家で作ったお米で育っていたのです。それだけに、スーパーなどで売っているお米は全く駄目なんだそうです。なんとうらやましいことでしょう。私は日本人として米食を中心に生活をしてきたつもりだったのですが、お米の味が全く分かっていなかったのです。正直ショックでした。

その甥っ子は東京の大学に合格し、4年間を東京で過ごす事になったのですが、学食とか大丈夫だったのかちょっと心配になりました。
[PR]
by midori-ryu | 2006-04-06 22:24 | 緑流生活
デザイナーの卵たち
f0107020_17145069.jpg


今年から名古屋から1時間少しのところにある大学の講義を週一度担当することになりました。今日はその大学の入学式です。非常勤講師の立場である私は必ずしも出席する必要がなかったのですが、学生たちと一緒に心を新しくしようと思い、参加してきました。

私が教える学科はデザイン学科で、この学科の教授陣はほとんど産業界などで実務に携わっていた第一線のデザイナー達なのです。そういった意味では非常に実践的な勉強ができる学校だと思います。

特に私が気に入っているのが、この大学の場所の不便さなのです。周りは緑に囲まれ・・・というか山の中です。近くの名鉄の駅は30分に1本しか電車がやってきません。駅とキャンパスは専用のバスが往復していますが、ほとんど登山バスのようです。
このような環境で育つデザイナーこそ、これからの必要な人材なのではないかと考えてます。下手に便利な場所にある大学よりも、自分に必要な道具や材料を考えながらモノをつくるというのは大変だけども、大切なことです。
まだ、学生生活がどんなものか良く分かっていないのですが、学生たちが近くの農家などが経営するアパートとかに下宿しているのであれば、是非農作業とかを手伝いながら地域デザインの本質を考えてもらいたいなと思っています。これこそが、緑流生活の原点なのですから。
[PR]
by midori-ryu | 2006-04-04 17:14 | 緑流生活
緑流生活スタートです!
4月1日。
世の中が少し華やいだ気持ちにさせてくれますね。

新入学、新学期、新年度・・・
お正月も良いのですが、心機一転というのは4月ですよね。

ウキウキ、ワクワクさせるような街の中でみつけた「緑流生活」の話題を少しづつ拾っていきたいと思います。

“緑流生活”って何?と言う方は、是非下記のアドレスをのぞいて見てくださいね。

緑流生活公式ホームページ

それではみなさん、ぼちばちとお付き合いください!

ところで・・・緑流は“みどりりゅう”と呼んでください。“りょくりゅう”ではないですよ。
[PR]
by midori-ryu | 2006-04-01 16:00 | 緑流生活