緑流生活読本
by midori-ryu
関連リンク
ブログパーツ
カテゴリ
全体
緑流生活
自然栽培野菜づくり
環境学習教室
くくのち林間學校
にぎわい
まちなみ
地球環境
自然
以前の記事
2010年 08月
2010年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2006年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧
メダカの楽園とビートルハウス
夏の八穂環境学習教室が始まりました。まずはビオトープ管理とビートルハウスづくりです。
f0107020_22584024.jpg

八穂クリーンセンターの池はもともとハス池として整備されていました。しかし、いつごろからかガマが侵食し、ガマの池になりつつありました。また、一切手入れされていませんでしたので、ガマも枯れるとそのまま池の中で腐敗し、泥がたまっていく状況でした。
f0107020_2315780.jpg

そこで、育ったガマを刈り取り、水中で腐敗させないようにしました。もう、大人総出です。結構簡単に刈り取れるのですが、貯まった泥から発せられる腐敗臭が・・・。
f0107020_23114163.jpg

刈り取ったガマは軽トラック1杯分にもなりました。これだけのガマが腐敗せずに済むわけです。せっかくガマが池の中のリンや窒素を吸い上げてくれたのです。放っておくとまたリンや窒素を池の中に戻すだけでなく、増やしてしまうのです。
f0107020_2314840.jpg

頑張ったのですが、池の半分のガマを刈り取るのが精一杯でした。奥の部分と手前の違いがわかりますでしょうか。ガマは茎を張っていますので、もちろん直ぐに生えてくるでしょう。また、日があたるようになったので、新しい植物が侵食する可能性もあります。このような状況を観察する予定です。
f0107020_23201481.jpg

近くの水路から採取したクロメダカ200匹を放流しました。このクロメダカが池にどんな影響を与えるのでしょうか・・・。次回8月20日が楽しみになってきました。もちろん、クロメダカを放流するのは子供たちの仕事です。
f0107020_23215958.jpg

頑張れ!クロメダカたち!
 
f0107020_2323025.jpg

そして、次はカブトムシの家“ビートルハウス”づくりです。
2メートル×2メートルという巨大なハウスです。材料は足助から取り寄せた間伐材を使っています。愛知県内産材を使おうというものです。柔らかい杉材のはずなんですが、しっかり乾燥していてかなり堅かったので作業が難航しました。
f0107020_23261382.jpg

ビートルハウスが完成したところで、海部地区環境事務組合の敷地内で作られた腐葉土を投入します。そして、その上にはシイタケのホダ木を置きました。菌の回りきったホダ木は廃棄されるのですが、これはカブトムシの幼虫にとってはごちそうなのです。
そして、カブトムシをこのビートルハウスに入れて作業完了!
f0107020_23291864.jpg

早朝から休みなく働いたお父さん方、そして良くお手伝いをした子供たち。ご苦労様でした。
8月20日(日)に開催する観察会が楽しみになってきました。
[PR]
by midori-ryu | 2006-07-30 23:30 | 環境学習教室
段ボールでドームを作りました!
f0107020_023856.jpg


春の八穂環境学習教室は今日が最終回。愛知万博の市民プロジェクト“漂流日記”で活躍された深津真理さんが忙しいところ駆けつけてくれました。

深津さんは建築や空間に関するワークショップの研究をされており、特に子供の建築教育に興味をもたれています。その深津さんに相談をして資源ゴミである段ボールで空間づくりをやりましょうということで実現しました。

詳しくは八穂環境学習教室のHPをごらん頂きたいのですが、約50名が参加して、大盛況でした。そして、子供も、大人も目を輝かせてのドーム作りでした。

予定していた2時間はあっと言う間に過ぎてしまいました。

7月30日からは夏の特別教室が始まります。“ビオトープ観察大作戦!”です。
是非、みなさんお越しください。
[PR]
by midori-ryu | 2006-07-24 00:12 | 環境学習教室
反毛 -はんもう-
今日、反毛(はんもう)という言葉を知りました。
反毛とは毛織物や毛糸のくずをほぐして繊維とすること。または、その繊維の事を言います。例えば、ウールのセーターなどが小さくなったり古くなったりした際に、この反毛によって毛糸が再生され、編めばまた新しいセーターに戻るわけです。もちろん、その際に色の組み合わせなども変えることができるので、全く違ったセーターになります。

衣料品って、古着的にリサイクルするだけではなく、ウールのセーターからウールのセーターにリサイクルなんて事ができるとは全く頭になかったです。それが、繊維の街一宮だと、割とこの技術を持った工場が多いそうなのです。

しかし、ここで問題が。セーターはオールウールでないとダメなんだそうです。他のものが混じると反毛ができないそうです。もちろん、化学や技術で対応を考える事はできるそうですが、それだと、余計なエネルギーがかかったりするわけですから、悩ましい判断を迫られる事になります。

ローカルな産業技術を使って環境問題を解決する・・・なにかちょっと良い光が見えたような気がしました。
[PR]
by midori-ryu | 2006-07-19 23:32 | 緑流生活
私の中の緑流
「私の中の緑流」はお読みいただいているでしょうか?

http://www.midori-ryu.jp/MyMidoriryu/index.html

私が愛知万博を通じで知り合った友人たちにお願いをして書いてもらっているエッセイ集です。
「緑流生活」の根幹と言いましょうか、個人の考え方は知らないうちに家族や地域の影響を受けており、それは生活と自然環境や風土、歴史などが絡み合ってつくられた、人間的に“合理的”な考え方の集積じゃないかという事なのです。

そこで、友人たちに禅問答ように問いかけて書いてもらったエッセイなのです。

ちなみに私の場合の愛知万博を通じて・・・は、愛知万博の誘致時代から博覧会が終わってから何かの理由で出会いのあった人たちなので、10年以上の間隔があります。したがって、2005年に博覧会会場で働いていたと言うわけでなく、それ以前の博覧会計画をつくっていた仲間たちも含まれているのです。

まだ、読んでいない方は是非読んでみてください。
なんか、ほのぼのした気分になって、癒されますよ(笑)

そして、何か感想を送っていただければと思います。
このブログにコメントをしていただくか、下記アドレスから送信してください。よろしければ、送っていただいた感想も「緑流生活」のHPに掲載させていただこうと思います。
どしどしお寄せください!

ご意見ご感想は書下記HPより・・・
http://www15.ocn.ne.jp/~r_brains/07mail.html

緑流生活HP
http://www.midori-ryu.jp/

[PR]
by midori-ryu | 2006-07-19 00:49 | 緑流生活
足助町
f0107020_21535539.jpg


八穂環境学習教室の夏休み特別教室に向けて、足助町木材協同組合さんに資材調達の打合せをしてきました。前回のプランターキットも制作していただいたのですが、八穂環境学習教室では積極的に愛知県内産の間伐財を使う事を検討しています。
八穂クリーンセンターは弥富町にあるのですが、弥富町と山の町である足助町をつなげると面白いのではないかと考えています。

この足助町は今は豊田市足助町なのですが、もと町民たちは足助の誇りを胸に強く抱いているところが印象的な一日でした。

打合せが終わり、足助屋敷に案内していただきました。今日もとても暑い一日だったのですが、巴川のせせらぎの音を聞きながら、ゆずドリンクを飲んでいると、一瞬暑さを忘れる事ができました。

f0107020_21592314.jpg

[PR]
by midori-ryu | 2006-07-14 21:59 | 環境学習教室
八穂環境学習教室 延長決定!
八穂環境学習教室が秋以降も開催される事が決定しました!
開催を追うごとに多くの方々に参加いただくことになり、春の環境学習教室最終回である7月23日(日)の段ボールでドームを作ろう!にも多くの申し込みを頂きました。

ということで、秋以降の開催が決定いたしましたので、現在秋のプログラムを検討中です。
また、夏休み特別教室も開催致します。

第一弾は7月30日(日)を予定しています。

派手な公報は行っていなかったのですが、クチコミで広がっているようです。アットホームな雰囲気もみなさん気に入っていただけているのではないかと思います。

最新情報は八穂環境学習教室HPでチェックしてくださいね。

八穂環境学習教室HP
[PR]
by midori-ryu | 2006-07-12 16:19 | 環境学習教室
ビオトープ教室 八穂環境学習教室
f0107020_0185718.jpg


第7回八穂環境学習教室が開催されました。今回はビオトープを考える会会長の長谷川明子さんが講師です。ビオトープをつくるつもりのなかった池が放置されていた事で、ビオトープのようになってしまった八穂クリーンセンター内の池を参加者全員で色々な生き物を探しました。

クイズ大会などをやったあと、採取した昆虫などをスケッチしました。

図鑑などで名前を調べるよりもまず昆虫を顕微鏡で覗いたりして、どんな様子かを調べる事にしました。昆虫の名前を知ってしまうと、興味がそれまでになってしまいます。まずは、特徴を観察してスケッチです。名前は好きな呼び名を付けることにしました。

詳しくは八穂環境学習教室HPで・・・
http://www15.ocn.ne.jp/~r_brains/hachiho/


f0107020_0233724.jpg


f0107020_024118.jpg


f0107020_024205.jpg

[PR]
by midori-ryu | 2006-07-10 00:24 | 環境学習教室
意外に都市の方が・・・
山が荒廃しているとよく言われていますね。我々がキャンプやバーベキューなどをするために遊びにいける山は限られていて、国や県、市町村など公的なところが所有・管理されているところなので、いろいろと整備がされているのです。
しかし、山林のほとんどは民地。すなわち個人の所有・管理なのです。農家の跡取りがいなくて農地が荒れているのと同じように林業も山がそのままと言うところが多いのです。

農地だと荒れているのは目に見えて分かるのですが、山林の場合はまず我々の目にふれる事もなく、また遠くからみれば木が生えているように見えるので良く分からないのです。しかし、それらの木もほとんどが杉はヒノキといった単調なものになっているのです。もちろん、生態系からみると単調な空間というのはよろしくないわけです。

一方、都心部の緑地や公園は木材を生産しているわけではないので、意外と多様な森林相のようになっているところがあるのです。すると、都心部の緑地の方が山林よりも生態系の多様性が確保されている・・・なんてこともあるのです。

山に行かないと自然と触れ合えない・・・という訳ではないようです。
[PR]
by midori-ryu | 2006-07-06 16:26 | 自然
次回の八穂環境学習教室は・・・
f0107020_10453048.jpg


次回の八穂環境学習教室は「ビオトープを考える会」の長谷川明子さんをお迎えしての「ビオトープ」です。参加お申込みをいただいた方々の学年などを考慮してプログラムの調整を行いました。
今回はあまり専門的な内容にするのではなく、生活の身近なところにも様々な生き物が居る事を知ってもらい、そして、その観察の方法などを知ってもらおうと思います。
そして、夏休みの自由研究などに活用してもらえればと願っております。

まだ、申込みの受付は行っておりますので詳しくは下記HPをご覧ください。

次回は7月9日(日)9:30~11:30です。

八穂環境学習教室HP

http://www15.ocn.ne.jp/~r_brains/hachiho/index.html
[PR]
by midori-ryu | 2006-07-05 10:46 | 環境学習教室