緑流生活読本
by midori-ryu
関連リンク
ブログパーツ
カテゴリ
全体
緑流生活
自然栽培野菜づくり
環境学習教室
くくのち林間學校
にぎわい
まちなみ
地球環境
自然
以前の記事
2010年 08月
2010年 06月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2009年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧
太陽電池パネルでつくってみる
毎月第2・第4日曜日に弥富市にある八穂クリーンセンターで開催しています八穂環境学習教室。2006年から開催していますので、おかげさまでまもなく3年目の最終コーナーを回りました。11日は開催日だったのですが、当初予想では3連休の中日なので申し込みはかなり少ないだろう・・・と予想していました。

申し込み数が少ないだろうと予想されている開催日は、実験的なプログラムをしてみましょう・・・と八穂クリーンセンターの環境担当の則竹さんと話し合っていましたので、以前から二人の心の中にあった太陽電池パネルを使った工作教室を企画しました。別に珍しい企画ではないぞ・・・と思われるかもしれませんが、八穂環境学習教室のこだわりは八穂クリーンセンターというごみ処理施設であるので、「ごみの排出」から連想される環境教育講座を企画することにしているのです。さらに、参加費無料ということで、身近な材料を使うことにもこだわりをもっていて、そのことで、少しでもごみの排出を減らす・・・リデュース・・・を考えてもらおうという意図があります。

さて、太陽電池パネルを使った講座でどうやって“リデュース”を訴えるのか・・・。今回はエネルギーの自給率を切り口に、エネルギーのリデュースを伝えることにしました。というものの、小学校低学年にはどうやって説明しようか・・・というのが課題でした。そこで、携帯ゲーム機は充電しなければならないことに着目して説明をしたところ、妙に子供たちは納得してくれました(笑)。

さらに、イントロで生物多様性の説明を行い、人間の都市生活は相当なエネルギーを使っているので、生物多様性が壊されてもなかなか気づかない・・・というところから始め、エネルギー自給率、太陽電池パネルの発電の仕組み、最期はドイツのソーラータウンの事例とかなりハイレベルな内容を小学生にわかるように説明をするという面白い挑戦をしました。

非常にシンプルな工作だったのですが、教室が終わるころには晴れてきたので子供たちは太陽電池パネルを太陽に向けて動作を確認することに夢中になっていました。その姿は本当に“こども”でした。

八穂環境学習教室ホームページ

http://midori-ryu.jp/hachiho/index.html

f0107020_1704828.jpg
f0107020_1711351.jpg
f0107020_1712683.jpg
f0107020_1714121.jpg

[PR]
by midori-ryu | 2009-01-12 17:01 | 環境学習教室
新年あけましておめでとうございます
新年あけましておめでとうございます。

昨年はアースデイ愛知やなごや環境大学など、自分たちでできることから活動を行ってきました。

本年も牛歩のごとく、地に足をつけて活動を行っていきたいと思います。

多くの新しい仲間と出会えることを願って・・・
[PR]
by midori-ryu | 2009-01-01 22:23 | 緑流生活