緑流生活読本
by midori-ryu
ペナントレースも終わって・・・
パリーグの覇者は北海道日本ハムファイタースとなりました。セリーグの覇者は中日ドラゴンズとの日本シリーズが間もなく始まります。

今年のパリーグのプレーオフは、北海道対福岡。そして、日本シリーズは北海道対名古屋。
見事なぐらい東京が外れてます。

東京にはヤクルト、巨人があり、首都圏に広げると横浜、千葉ロッテ、西武があります。しかし、東京ではプロ野球は数あるイベントの一つになってしまっているような気がするのです。もちろん、熱狂的なファンも大勢います。しかし、このイベントから抜け出せないことが、東京のプロ野球の悲劇なんだと思います。

一方、地方球団はイベントではなく、生活の一部になってます。札幌や福岡にいくと、昼間の喫茶店などのお酒の入っていな場でも、様々な人たちが地元チームの話をしています。

各地方のメディアも、チームや選手と深く関わっており、とてもアットホームです。こんな雰囲気は在京の球団では感じることはできないと思います。

サッカーもしかりです。これまでは100万人規模の都市でないとプロスポーツチームを維持するのは難しいとされていました。しかし、欧州などでは10万人規模の都市でもプロスポーツチームが存続しています。これは、生活の中にチームが溶け込んでいるからだと思います。しかし、日本でのプロスポーツのビジネスモデルはイベントで構成されているところに課題があるのではないでしょうか。

ということで、今年のパリーグプレーオフは楽しませてもらいました。

個人的な話なのですが・・・

私は故郷のチーム・・・タイガースのファンです・・・
[PR]
by midori-ryu | 2006-10-13 00:08 | 緑流生活
<< カブトムシ成長記録 ビートルハウス順調です! >>