緑流生活読本
by midori-ryu
廃材を使って操り人形づくり
f0107020_1402886.jpg


今回の八穂環境学習教室は廃材を使った操り人形づくりです。八穂クリーンセンターでは粗大ごみとして出された家具などを修理して、春と秋に開催されるリサイクルフェアで抽選によって希望者に渡されます。

この修理している人たちは現役は引退されていますが、職人さんたちです。ここで出てくる廃材をつかっておもちゃをつくろう!というのが今回の企画です。

f0107020_143963.jpg

f0107020_1433251.jpg


廃材から切り出された木片と毛糸を使って、一生懸命につくります。
丁寧に頑張れば、誰でもつくることができます。
実は、この操り人形は愛知万博のアフリカ館スタッフから教えてもらったものなのです。もちろん、アフリカ人です。

2時間後にはリアルに動く、不思議な生物たちが出来上がりました!

f0107020_1462427.jpg

[PR]
by midori-ryu | 2006-10-23 01:46 | 環境学習教室
<< 技術の一つの未来 カブトムシ成長記録 >>