緑流生活読本
by midori-ryu
技術の一つの未来
f0107020_095330.jpg

f0107020_010231.jpg


先日、知り合いに誘われて木材と珪藻土を基本にした住宅を作っている会社を訪問してきました。
平米当たりの建築費がかなり安いと聞いていたので、実際に目で見てみようということです。

珪藻土の壁が、シックハウスや室内の調湿に良いという話はかなり浸透してきていますが、残念な事に建築費が上がってしまうことが多かったわけです。

今回見学させていただいた住宅は、建材ボードに珪藻土を塗るという工法をとっています。純粋な土壁からみると、完全ではありませんが、技術によって建材ボードに塗る事ができたというのは評価すべき点だと思いました。

自動車ではハイブリッド車が市民権を得る事ができました。当初、環境意識の高い人たちからはあまり良い評価はありませんでしたが、燃料電池時代の過渡期技術として認知されました。

建築業界でもこのようなハイブリッド技術というのは積極的に考えていかなければいけない分野だと思います。
[PR]
by midori-ryu | 2006-10-29 00:17 | 緑流生活
<< 間伐材のネームタグをつくろう! 廃材を使って操り人形づくり >>