緑流生活読本
by midori-ryu
におい付き消しゴム
文房具が与える影響ってきっと大きいのでしょうね.
そうやって考えると“におい付き消しゴム”って偉大ですね.調査では今年小学校一年生になる親に聞いているようです.すると,30代ぐらいの親ってことですよね.
この世代も“におい付き消しゴム”だったんだ・・・と.もっと文房具って進化していると思っていたのですが,ずっと引き継がれてるものなんですね.

「におい付き消しゴム」が1位 小学1年生の親、思い出の文房具
 コクヨの子会社で人材派遣業などを手がけるコクヨビジネスサービス(大阪市東成区)がまとめた「小学1年生の親に聞いた小学校の思い出に関する調査」で、思い出の文房具トップは「におい付き消しゴム」となった。
 調査は4月に小学1年生を迎える子どもの両親1032人を対象に3月14~25日、インターネットで行った。
 思い出の文房具で「におい付き消しゴム」と回答した人は32・4%だった。その理由として、「友達と交換したりコレクションしていた」(30代女性)、「カレーやクッキーの香りなど、おなかが減るとにおいをかいでいた」(20代女性)などが挙げられた。
 このほか、思い出の文房具として、「面(ふた)が多い筆箱」(26・8%)、「ねり消し」(22・6%)、「ロケットペンシル(鉛筆)」(20・4%)、「写真などが入れられる下敷き」(18・2%)が上位を占めた。

[PR]
by midori-ryu | 2007-05-06 23:37 | 緑流生活
<< ベランダ農園 シイタケのほだ木観察 >>