緑流生活読本
by midori-ryu
カテゴリ:地球環境( 9 )
生物種3割に絶滅の危機-温暖化影響で報告・IPCC
ここにきて,人間の経済行動と地球温暖化の因果関係の有無について慎重な発表をしてきたIPCCですが,かなりつっこんだ報告をあうるようになってきました.

生命の危機が迫ってくるというのは尋常ではない話です.映画のような話ですが,わたしたちの想像を超えた事態が起きている可能性があります.さて,わたしたちは何をすればよいのか,慌てず,焦らず考えないといけないかも知れません.


水不足の被害、数億人増加=生物種3割に絶滅の危機-温暖化影響で報告・IPCC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000004-jij-pol
[PR]
by midori-ryu | 2007-04-07 17:56 | 地球環境
生物種3割に絶滅の危機-温暖化影響で報告・IPCC
ここにきて,人間の経済行動と地球温暖化の因果関係の有無について慎重な発表をしてきたIPCCですが,かなりつっこんだ報告をあうるようになってきました.

生命の危機が迫ってくるというのは尋常ではない話です.映画のような話ですが,わたしたちの想像を超えた事態が起きている可能性があります.さて,わたしたちは何をすればよいのか,慌てず,焦らず考えないといけないかも知れません.


水不足の被害、数億人増加=生物種3割に絶滅の危機-温暖化影響で報告・IPCC
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000004-jij-pol
[PR]
by midori-ryu | 2007-04-07 17:56 | 地球環境
ディーゼルエンジン
日本ではディーゼルエンジンは大気汚染や地球温暖化の元凶のように言われていますが、世界に目を広げるとちょっと風向きはちがうようです。
愛知万博の時に、イタリア館の広報を少し手伝ったのですが、イタリア館は「環境と生活」をコンセプトにした展示をやっていました。その中で、最新型のディーゼルエンジンが展示されていたのです。

イタリア人の広報担当者は日本ではディーゼルエンジンの評価が低いようだが何故だ?という質問を受けたのですが、当初私もメディアの報道などを鵜呑みにしていたので深く考えずに良くないものと思っていました。

ガソリンエンジンというのは、ガソリンの質が上質な方が良いらしいのです。すなわち不純物が混じっていると良くないわけです。しかしディーゼルエンジンというのは多少不順なものが混じっていても大丈夫なようです。

と言うことは、最近注目を浴びているバイオ燃料を混入できるという訳です。バイオ燃料というのはサトウキビや菜種などからとれる植物性の燃料です。植物性の燃料ですから、化石燃料ではないからCO2の排出量を増やす事はないのです。もちろん、バイオ燃料を使うことでCO2は発生しますが、バイオ燃料は植物が成長する際にCO2を吸収しているので、CO2の発生量と吸収量がプラスマイナスされるわけです。

日本の場合は、ディーゼル化によるCO2削減ではなく、ハイブリッド式エンジンの開発を目指していますから、自動車から排出されるCO2削減に向けての手法が違うと言った方が分かりやすいかもしれません。

いずれにせよ、水素を燃料とした燃料電池車の開発が最終目標となっているわけで、その過渡期をどうするかということですね。

しかし、燃料電池の技術というのはもう少し時間が掛かりそうですし、水素を製造する段階で、CO2が吸収される仕組みが組み込まれれば良いのですが・・・



排ガス浄化で共同開発へ…いすゞと日野が提携第1弾
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000104-yom-bus_all
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-25 22:07 | 地球環境
エタノールは地球を救うか・・・
バイオマス燃料としてエタノールが注目を浴びてきています。石油からの脱却となれば良いのですが、石油の場合は地中から取り出し、製油することで利用が可能になりますが、エタノールの場合は植物を栽培し、さらにそこからエタノールを抽出しなければなりません。この工程に掛かるエネルギーなどをしっかりと考慮する必要が出てくるでしょう。

また、エタノール生産を中心に考えるあまり、森林を伐採して農地をつくるようなことになれば、これはまた課題の大きいことになります。石油を使わないこと、植物が多少CO2を吸収することなどを考えると石油への依存を減らしエタノール使用にシフトする意義は大きいと思いますが、あまりにも経済原則にのっとってしまうと、エタノールも地球環境悪化の要因となりかねない可能性があることを肝に銘じる必要があると思います。

無駄なエネルギーはつかわず、健康的な生活をおくることを心がける事が、一番地球に優しい生活と言えるのだと思います。


エタノール普及で協調 米、ブラジル首脳会談
Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-12 16:06 | 地球環境
イベントだけで終わらせないためにも・・・
【ロサンゼルス15日】ゴア前米副大統領と、アフリカ支援を訴えた「Live 8」(ライブ・エイト)コンサートのプロデューサーとして知られるケビン・ウォール氏は15日当地で、地球温暖化防止の活動を促進する目的で、24時間の世界的なコンサート「Live Earth」(ライブ・アース)を7月7日に開催すると発表した。コンサートには100人を超す著名アーティストが参加する予定だ。

米国はこういったイベントを通じて社会に訴えるのは本当に上手ですね。うらやましいです。
しかし、日本は日本のやり方で・・・と思うのです。

米国みたいなイベント仕立てて・・・となると、どうしても商業的になってしまい、お祭りで終わってしまうのが悲しいのです。

車も映画も今は日本の技術やアイデアが世界に広がっていく時代。社会活動も日本式が米国に上陸するようになる日はくるのでしょうか・・・


地球温暖化阻止訴える「Live Earth」(ライブ・アース)
Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-01 11:13 | 地球環境
Kyotoは日本の京都なんですが
“Kyoto Protocol ”

京都議定書の英訳です。ひょっとしたら“Kyoto Protocol ”の和訳が“京都議定書”と言った方が良いのかもしれません。インターネットというのは便利なもので、ネット配信の海外のニュースや聞いていると結構“Kyoto Protocol ”というのが聞こえてきます。

気候変動をテーマにしたハリウッド映画「デイ・アフター・トゥモロウ」でも冒頭シーンのニューデリーでの会議の中で“Kyoto Protocol ”というのがキーワードになっていました。

それだけ、Kyotoというのが有名になっているのに関わらず、漢字の“京都”と言いますか、京都会議を開催した日本が見えてこないのが寂しい思いでした。日本政府というか関連する役所からすれば、金も人も掛けている・・・と言うのでしょうが、その使い方があまり上手くないのか、本気で動く気がないのか・・・のどちらかなんでしょうね。

環境対策は金をかけても回収するような対象ではないだけに、無理に経済の仕組みにとりこむのではなく、金を掛けないでも環境対策ができる部分も認めつつ、その側面を支援する仕組みを考えたほうが良いのではないかと思います。

すわなち、個人個人がそれぞれ環境に対する時間を掛けることができる社会作りや、中心になって活動をする人の生活を地域で支えるような仕組みづくりとか。シニアの人たちだけでなく、小中学生や高校生なども積極的に関与できるようにしたり、学校での集団生活に馴染めない子供たちを地域の受け皿として仕組みをつくっていくなど、いろいろとできる事はあるように思います。

いずれにせよ、環境先進国の国民と呼ばれるようにはなりたいですね。

中期的な温暖化対策策定へ 環境立国戦略に盛り込み
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-01 11:09 | 地球環境
米国人の本音はどっち?
26日に、米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事ら米西部5州の知事は26日、地球温暖化対策に地域レベルで取り組む「行動構想」を発表しました。
地球温暖化防止に関して、京都議定書に加わらない米国ですが、一方でこういった「行動構想」を策定するなど、外から見ていて「本音はどっち?」って思ってしまいますが・・・。

一つの国を一つの考え方でくくるのは強引な考え方なので、バランスが取れているというヒイキ目で受け取る事にしましょう。

日本以上に車社会であり、消費大国なので簡単ではないでしょうけど、考えようによっては、生活を少し見直すだけで相当大きな効果になるのでしょうね。

頑張れ!カリフォルニア!


米西部5州で温暖化防止 シュワ知事らが地域構想
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-01 10:51 | 地球環境
F1も地球環境の時代?
F1を頂点にする自動車技術の世界。一つ見方を変えると、20世紀時代の遺産という言い方もできるかも知れない世界。

そのF1も地球環境をモチーフにする時代になったようです。F1というブランドと環境をコラボレイトさせたマーケティング手法のようです。その手法の中に市民参加も入っているようです。

もし、自動車が燃料電池車などになる時代が来ると、F1も静かなレースになるのでしょうか?タイヤの摩擦音ぐらい?

個人的には環境をダイレクトにマーケティング手法を導入して経済と一体化させることには疑問があるのですが、「緑流生活」はそんな固い事は抜きにして、地球を考える一つの手段として考える事にしましょう。



【F1】Honda、地球をイメージした新マシンカラーリング発表!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070226-00000103-ism-spo
[PR]
by midori-ryu | 2007-02-27 01:44 | 地球環境
学校でもCO2削減
学校でもCO2削減が始まるようです。

学校で行う以上、楽しく簡単にできるCO2削減を子供たちのアイデアで実行できると楽しいと思います。

いろいろな試みをまずは取組み、良いと思ったことでも、実はCO2排出量が多かったり・・・というようなことを試行錯誤してはどうかと思います。

間違っても、現在オフィスなどで行っているような昼休みに電気を消して・・・なんていうのはやらないで欲しいですね。


CO2削減、学校・病院でも…政府が計画作成要請へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070222-00000213-yom-soci
[PR]
by midori-ryu | 2007-02-23 00:42 | 地球環境