緑流生活読本
by midori-ryu
<   2006年 05月 ( 14 )   > この月の画像一覧
記事が掲載されました
30日付け中日新聞尾張版に八穂環境学習センターの記事が掲載されました。思った以上に大きく取り上げていただきました。
6月からはクローバーテレビで毎日OAされます・・・

こういうのって良いですね。
その地域に暮らしていないと観れないのですから。
なんせ、私でさえクローバーテレビが観れないのですよ(笑)
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-31 01:22 | 環境学習教室
八穂環境学習教室報告!
f0107020_225416.jpg

 
第4回八穂環境学習教室が開催されました。今回は足助町木材協同組合さんのご協力で実現しました、間伐材工作教室です。間伐材プランターキットの他、木の皮のバークも持ってきていただきました。さらに、八穂クリーンセンターで焼却灰を1300℃に加熱した溶融スラグも準備していただきました。これは土に混ぜると水はけが良くなりますので、是非使っていただこうと言うものです。そして、プランターなので・・・ということで、愛知県造園建設業協会名古屋支部さんより花の種をご提供いただきました。

今回は八穂クリーンセンターが毎年春と秋に行っているリサイクルフェアも開催されていましたので、来場者は700人近くにもなりました。環境学習教室の定員は100名だったのですが、こちらも開場後すぐに予約が埋まってしまいました。

リサイクルフェアは粗大ゴミなどで運び込まれた家具や自転車をリペアして希望者に配布するというものです。このフェアには毎年多くの方々がお見えになられるのです。そして、今年から環境学習教室もこのフェアに仲間入りしたと言うわけです。

写真を見ていただくと分かると思いますが、参加した下さった多くの方々の笑顔。とても良かったですよ。
 
f0107020_2315123.jpg

まずは間伐材や森を守ることに関する勉強をします。そして、地球温暖化防止のためにはゴミを減らす事と森を守る事、木を使う事のつながりについて知ってもらいます。
 
f0107020_2322991.jpg

作業が始まると「トントン」「カンカン」と金づちの音が響きます。真っ直ぐ釘を打つのは案外難しいのです。
 
f0107020_2325648.jpg

クローバーテレビさんも取材にきてくれました。映っているかな・・・。
 
 
愛知万博で活躍された市民放送局さんも取材にきてくれました。
ホームページはこちら・・・
http://ecoactionnews.net/nstyle/blog/itoh2/article/atc00000079

[PR]
by midori-ryu | 2006-05-28 23:08 | 環境学習教室
緑流生活ポストカード第一号出ました
f0107020_23104445.jpg

 
緑流ポストカード第一号で出ました!
八穂環境学習教室に毎回通ってくれている兄妹さんです。

ヤジロベイがイラストされたカードを手に、大変うれしそうにしてくれていました。
誰にお手紙を書くのでしょうか・・・
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-28 22:52 | 緑流生活
クローバーTV
愛知県津島市の本社のあるクローバーTVというケーブルテレビに八穂クリーンセンターの担当者とともに行ってきました。
目的は「環境のあれ?これ!」という番組に出演するためです。
内容はもちろん八穂環境学習教室の紹介です。

OAは6月から1ケ月間ずっとあります。
月曜~水曜 10:30~11:00 21:00~21:30
木曜~日曜 18:00~18:30
です。

ただし・・・クローバーTVは
* 津島市
* 愛西市
* 稲沢市平和町
* 海部郡七宝町
* 海部郡大治町
* 海部郡甚目寺町
* 海部郡蟹江町
* 海部郡美和町
* 清須市(旧新川町地域)
上記市町村でケーブルテレビに加入していないと観れないようです・・・
もし観ることが出来る方はぜひご覧ください。

参考までにクローバーTVのHP
http://www.clovernet.co.jp/
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-26 23:50 | 緑流生活
絵葉書できました
f0107020_13581950.jpg

 
緑流生活の絵葉書第一弾ができました。
緑流生活の関連プログラムに3回参加すると差し上げています。この絵葉書を手に入れたら、ぜひ家族や友達に手紙をかいてみてくださいね。
 
枚数に限りがありますので、お早めに・・・
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-25 13:26 | 緑流生活
夏の足音
f0107020_10474199.jpg


徐々に暑くなってきましたね。
雨の後がムシムシしてきました。

日本人はムシムシの夏をいかに快適に過ごすか・・・を考えてきたようです。簾(すだれ)、ゴザ、打ち水・・・。

よく考えると、どれも循環して使えるものばかりです。

そうそう、朝顔やひまわりも南側に植えると日よけになりましたよね。
秋には種ができて、また来年も植える事ができる。

我が家の朝顔もただいま成長期です。
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-24 10:47 | 自然
ファクトリー・ビオトープ
f0107020_02408.jpg

 
静岡県磐田市にある「ロック・フィールド社の静岡ファクトリーパーク」に行ってきました。ロック・フィールド社なんて聞くとアウトドア用品の企業のように聞こえますが、「神戸コロッケ」の企業なのです。ここの静岡工場が「静岡ファクトリーパーク」という訳です。

このファクトリーパークの設計は安藤忠雄氏で、広い敷地をゆったりと使っています。安藤忠雄氏の設計以上に有名なのが環境配慮型の工場であるということなのです。屋上緑化、ビオトープ、水の再利用、ゴミ処理・・・そしてとどめの風力発電です。
と言うことで、私も運営委員の一人として関わっています「都市環境デザイン会議中部ブロック」のデザインセミナーとして訪ずれたのでした。

このファクトリーパークは、平日工場見学ができ、工場見学の後にはコロッケを試食できることで人気のある施設だそうで、我々のように環境施設だけを視察に来るのは珍しいそうです。確かに、出来たてのコロッケを食べることができるのは大変魅力的なんですけど・・・(笑)

個人的にはビオトープがどうなっているのか・・・というのが気になっていたのですが、欲を言えばちょっと管理されているビオトープの域を出ていないのが少し残念でした。周りが自然に囲まれている工業団地だったので、開発前の生態系を復元をテーマにしても良かったのではないかと感じたのでした。
 
f0107020_0152467.jpg

     きれいに手入れされた屋上緑化
 
f0107020_0162475.jpg

     もう少し自然に任せればどうなったのかな・・・と気になりました
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-22 00:17 | 緑流生活
ラーメン
尾張一宮駅に「驛麺通り」が出来ました。「驛麺通り」は名古屋駅にできたラーメンモールのようなもので、名古屋駅ではいつも込んでいます。
先日、この「驛麺通り」でラーメンを食べてみました。札幌ラーメンや旭川ラーメン、尾道ラーメン、博多ラーメン、東京ラーメンが楽しめます。

ふと思ったのですが、札幌ラーメンなら札幌で、博多ラーメンなら博多で食べたラーメンには勝てないな・・・って事なのです。味がどうのこうの・・・ではなく、やっぱり雰囲気というか、気温とか湿度とか、なんとなくその地方独特の匂いとか・・・。また、店のおじさんの言葉とか。

ラーメンという共通プラットホームに対して、これだけ色々なラーメンが存在するというところに緑流生活のヒントがあるように感じました。地域の食材や風土、文化などを背景にスープや麺が作られている訳です。

ところで、名古屋ラーメンというとやっぱり「台湾ラーメン」になるんでしょうね。なんかヤヤコシイですね(笑)
 
f0107020_1192973.jpg

私が注文しました札幌味噌ラーメンです。美味しかったですよ。
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-20 01:20 | 緑流生活
八穂環境学習教室 これからのプログラム
f0107020_1841341.jpg

 
八穂環境学習教室のこれからの日程です。
次回は5月28日(日)です。
朝の9:30~11:30の間に25名づつ4回に分けて間伐材を使ったプランターを作ります。
同時にリサイクルフェアが開催されていますので、教室参加希望の方は予約をされた方が無難ですよ。

八穂クリーンセンター環境学習教室
http://www.atkankyo.or.jp/new/2006/ecomoney/index.html

 
また、(社)愛知県造園建設業協会名古屋支部様より花の種の提供を頂きました。一緒にお渡し致します。お庭に、ベランダにきれいな花を咲かせて見てください!

(社)愛知県造園建設業協会
http://www.aizoukyo.or.jp/ 

 
f0107020_18455023.jpg

[PR]
by midori-ryu | 2006-05-18 18:46 | 環境学習教室
環境に優しい生活・・・?
テレビを観ていてふと気づいたのですが、

スローライフ=ビンボー生活

とか、

ロハス生活=新セレブ生活

といったような見せ方をしているのではないかと気になってしまいました。
環境に優しい生活スタイルを見せるというのは良いと思うのですが、どうも形だけで終わっているような気がします。それと、“スローライフ”の紹介だと、実際に山の中で循環型生活を実践している人が紹介されており、“ロハス”の場合だとタレントが“お店”や“商品”の紹介に終始しています。

ロハスの場合はマーケティング理論をベースにしているところもあるので、問題がないのかもしれませんが、“パタゴニア”のような企業と比較すると、どうなのかな?って。

いずれにせよ、レアな人たちの生活スタイル・・・とするのはこれまでの流行を追うような手法と変わらないような気がします。循環型社会というか地球環境を意識した生活というのは一部のレアな人たちだけではどうしようもないはずなんです。
もっとベーシックというか地味かも知れないけれど、地に足のついた運動が必要なんだと思います。
[PR]
by midori-ryu | 2006-05-17 23:17 | 緑流生活