緑流生活読本
by midori-ryu
<   2007年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧
平均寿命さらに延びる
日本人の2005年の平均寿命は女性が85・52歳、男性が78・56歳と確定したことが1日、厚生労働省が5年ごとに公表している「完全生命表」で分かった。

とうとう、女性は85歳、男性は78歳の時代となったようです。一方で少子化の歯止めも掛からないようです。

60歳で定年になると、男性でも18年をどうやって生きるのか・・・。女性の場合も働いていたとして、定年後に25年。

この期間をいかに、安心して暮らし、楽しく暮らせる地域をつくっていくか・・・

よく考えると、これからはこういった人たちが増えてくるわけですから、都市化によって失われたと言われるコミュニティをもう一度回復させる良いきっかけになるのかもしれません。



平均寿命延びる、05年厚労省 女85・52歳、男78・56歳
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-02 02:48 | 緑流生活
暖冬が身近な生態系にも・・・
f0107020_1823188.jpg


今年は記録的な暖冬になっているようです。
自宅に居るイシガメも冬眠しませんでした。中途半端な気温なので育てるのがとても難しいです。

そして、3月11日には八穂環境学習教室でビートルハウスのカブトムシの幼虫観察をするのですが、これも大変頭を痛めております。毎月様子をチェックしているのですが、今年は冬でもかなり活発に活動していたようです。

11日は一度ビートルハウスの幼虫を数えてみようと思います。さて、一体何匹が年を越したでしょうか・・・

f0107020_18243271.jpg




過去最高の暖冬=48~49年と並び-寒気南下せず、低気圧が東に・気象庁
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070301-00000118-jij-soci
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-01 18:24 | 環境学習教室
イベントだけで終わらせないためにも・・・
【ロサンゼルス15日】ゴア前米副大統領と、アフリカ支援を訴えた「Live 8」(ライブ・エイト)コンサートのプロデューサーとして知られるケビン・ウォール氏は15日当地で、地球温暖化防止の活動を促進する目的で、24時間の世界的なコンサート「Live Earth」(ライブ・アース)を7月7日に開催すると発表した。コンサートには100人を超す著名アーティストが参加する予定だ。

米国はこういったイベントを通じて社会に訴えるのは本当に上手ですね。うらやましいです。
しかし、日本は日本のやり方で・・・と思うのです。

米国みたいなイベント仕立てて・・・となると、どうしても商業的になってしまい、お祭りで終わってしまうのが悲しいのです。

車も映画も今は日本の技術やアイデアが世界に広がっていく時代。社会活動も日本式が米国に上陸するようになる日はくるのでしょうか・・・


地球温暖化阻止訴える「Live Earth」(ライブ・アース)
Excite エキサイト : 国際ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-01 11:13 | 地球環境
Kyotoは日本の京都なんですが
“Kyoto Protocol ”

京都議定書の英訳です。ひょっとしたら“Kyoto Protocol ”の和訳が“京都議定書”と言った方が良いのかもしれません。インターネットというのは便利なもので、ネット配信の海外のニュースや聞いていると結構“Kyoto Protocol ”というのが聞こえてきます。

気候変動をテーマにしたハリウッド映画「デイ・アフター・トゥモロウ」でも冒頭シーンのニューデリーでの会議の中で“Kyoto Protocol ”というのがキーワードになっていました。

それだけ、Kyotoというのが有名になっているのに関わらず、漢字の“京都”と言いますか、京都会議を開催した日本が見えてこないのが寂しい思いでした。日本政府というか関連する役所からすれば、金も人も掛けている・・・と言うのでしょうが、その使い方があまり上手くないのか、本気で動く気がないのか・・・のどちらかなんでしょうね。

環境対策は金をかけても回収するような対象ではないだけに、無理に経済の仕組みにとりこむのではなく、金を掛けないでも環境対策ができる部分も認めつつ、その側面を支援する仕組みを考えたほうが良いのではないかと思います。

すわなち、個人個人がそれぞれ環境に対する時間を掛けることができる社会作りや、中心になって活動をする人の生活を地域で支えるような仕組みづくりとか。シニアの人たちだけでなく、小中学生や高校生なども積極的に関与できるようにしたり、学校での集団生活に馴染めない子供たちを地域の受け皿として仕組みをつくっていくなど、いろいろとできる事はあるように思います。

いずれにせよ、環境先進国の国民と呼ばれるようにはなりたいですね。

中期的な温暖化対策策定へ 環境立国戦略に盛り込み
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-01 11:09 | 地球環境
米国人の本音はどっち?
26日に、米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事ら米西部5州の知事は26日、地球温暖化対策に地域レベルで取り組む「行動構想」を発表しました。
地球温暖化防止に関して、京都議定書に加わらない米国ですが、一方でこういった「行動構想」を策定するなど、外から見ていて「本音はどっち?」って思ってしまいますが・・・。

一つの国を一つの考え方でくくるのは強引な考え方なので、バランスが取れているというヒイキ目で受け取る事にしましょう。

日本以上に車社会であり、消費大国なので簡単ではないでしょうけど、考えようによっては、生活を少し見直すだけで相当大きな効果になるのでしょうね。

頑張れ!カリフォルニア!


米西部5州で温暖化防止 シュワ知事らが地域構想
Excite エキサイト : 社会ニュース
[PR]
by midori-ryu | 2007-03-01 10:51 | 地球環境